キックボードで美脚効果!下半身を引き締める乗り方について

運動・身体

[baloon-line-left img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/daikichi-0.jpg” caption=”ダイ吉”]プク太くん、この前の誕生日に何を買ってもらったの?[/baloon-line-left]

[baloon-line-right img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/pukuta-3.png” caption=”プク太”]ふふっ、実はキックボードを買ってもらったんだよね。ずっと欲しかったんだ。[/baloon-line-right]

[baloon-line-left img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/daikichi-2.jpg” caption=”ダイ吉”]おお~、それは良かったね。運動もできて一石二鳥だね。[/baloon-line-left]

[baloon-line-right img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/pukuta-0.png” caption=”プク太”]キックボードって運動になるの?[/baloon-line-right]

[baloon-line-left img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/daikichi-0.jpg” caption=”ダイ吉”]うん、使い方によっては、ダイエットにも使えるんだよね[/baloon-line-left]

[baloon-line-right img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/pukuta-3.png” caption=”プク太”]へぇ~、それはイイこと聞いた![/baloon-line-right]

最近、子供とハマっているキックボード!

幸い、近くに土手があり、舗装された長い道がありますので、週末はキックしまくっています。

最初は楽だなぁ、こりゃいいなぁって感想しかなかったのですが、乗っているうちに、

 あれ?これ十分エクササイズになるな!

と感じるようになりました。

それから色々試してみましたところ、ダイエット用としての使い方を編み出したので、ご紹介したいと思います。

[ad#dt-1]

スポンサーリンク

キックボードとは

一般的には、キックボードという呼び方が浸透していますが、実は、キックスケートのことなんですね。

キックボード(Kickboard)とは、K2 Inc.とMicro Mobility Systems共同開発の三輪キックスケーター、およびK2が展開したキックスケーターブランド。

キックスケーター (Kick scooter) とは、地面を蹴って進むハンドル付きの乗物の総称。

Wikipediaより

折りたたみタイプが一般的です。

今はタイヤが大きくなっていたり、サスペンションやハンドブレーキが付いていたりと、進化してきています。

ただし、今回のテーマはダイエットなので、便利機能が付いていないシンプルで、かつ安いもので十分なのです。

それでは、ダイエットに使える、キックボードの乗り方を説明したいと思います。

キックボードの乗り方

まずは、一回も乗ったことがないという方に向けて、一般的な乗り方を簡単に説明します。

図のように、ハンドルを握り片足を乗せた状態から、もう一方の足で、ひたすら地面を蹴って進むスケートボードになります。

本体は片手で持ち上げられるほど軽いので、地面を蹴るたびに本体が左右にブレますが、すぐに慣れて真っすぐ走れるようになります。

徒歩と自転車の中間的な位置づけで、もの凄く簡単にグングン進んでいきます。

でも、楽をしているだけではダイエットになりませんので、乗り方に少し工夫が必要になります。

[ad#dt-2]

美脚を意識した乗り方

それでは、わざと下半身に負担が掛かる、3つのパターンを紹介していきます。

太ももを引き締める

ボードに乗せている方の足(軸足)で、意識して欲しいのは膝関節の角度です。

地面を蹴るたびに、乗せている足が伸び切ってしまっては、効果がありません。

できれば軸足は、膝を曲げた状態をキープして頂きたいと思います。

10回蹴ったら軸足を伸ばして休憩!

そしてまた10回蹴るまで膝は曲げたまま、といった感じで、あえて乗せている方の足を鍛えて欲しいを思います。

また、足を置く場所と頭の位置を変えれば、色々な筋肉が鍛えることができます!

図のように、ボードの後ろの方に足を置いた状態で、膝は曲げたままキープします。

そして、ハンドルよりも頭を前に出したままキックすると、太ももの前側にある、大腿四頭筋という大きい筋肉が鍛えられます。

お尻を引き締める

先ほどとは反対に、ボードの前側に足を置き、やはり膝は軽く曲げたままにします。

そして、頭の位置をハンドルよりも後ろにした状態でキックしていると、お尻全体の筋肉が鍛えられます。

キツくなってきたら1回降りて、足の位置と姿勢を変えて再度蹴りだす!左右の足を交互に使って、両足を鍛える!

こんな感じのルーティンでやってみて下さい。

きっと、すぐに足がプルプルして、息が上がると思います。私は翌日に筋肉痛になりました…。

それでいて、ツライという感覚がほとんどないのは、きっと楽しさがあるからなんでしょうね。

ふくらはぎを引き締める

それでは反対の、蹴りだしている方の足について説明します。

つま先だけで、トンッ!トンッ!トンッ!と蹴るのではなく、

 踵から着いてつま先で蹴る!

これを徹底して頂きたいと思います。

踵から着くことで、蹴る方の足の振り子運動が大きくなるし、ふくらはぎに付いている下腿三頭筋の活動が大きくなります。

要は、あえて余計に負荷を掛けたいのです。

また、足首の運動が増えることで、ふくらはぎに貯まった水分がポンプ作用で押し出されるため、むくみ解消も期待できます。

足の筋肉を鍛えて、むくみを解消!

まさに美脚効果があるといえるでしょう。

使用する時の注意点

私は、日中の土手でしか使用しませんが、近くにそのような環境が無い方は特に注意が必要です。

第七六条 
四項 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
一 道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。
二 道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。
三 交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。
道路交通法より抜粋
 

通行人や車などとの接触はもちろんですが、道路交通法にもあるように、道路によっては使用しているだけで罰せられるケースが無いとは言い切れません。

[baloon-line-right img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/pukuta-2.png” caption=”プク太”]なるほど、道路で走っちゃダメなんだね?気を付けようっと![/baloon-line-right]

[baloon-line-left img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/daikichi-0.jpg” caption=”ダイ吉”]だから、近くの広場でやろうね![/baloon-line-left]

[baloon-line-right img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/pukuta-3.png” caption=”プク太”]うん、安全に楽しみたいからね![/baloon-line-right]

また、本体が軽いため、慣れて安定して漕げるまでは、ヘルメットなどを用意して転倒に備えることも必要だと思われます。

いずれにしても使用する場合には、メーカーが推奨する環境下でおこない、自己責任の範囲で実施して頂きたいと思います。

健康を目指してダイエットしているのに、ケガをしては本末転倒ですので、屋外で行うウォーキングやジョギングの際にも十分注意して下さい。

おわりに

本来、楽しむ!簡単に進む!というキックボードを、とことんストイックに乗る方法をお伝えしました。

細くて平坦な脚に憧れる人もいるかもしれませんが、ふくらはぎ、太もも、お尻が立体的な美脚を目指して欲しいと思います。

無酸素運動、有酸素運動、とにかく身体を動かせば、きっとダイエットは成功します!

だから楽しんで取り組みましょう!

[baloon-line-left img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/daikichi-2.jpg” caption=”ダイ吉”]それではダイエットが[/baloon-line-left] [baloon-line-right img=”https://diet-department.biz/wp-content/uploads/2018/09/pukuta-3.png” caption=”プク太”]吉と出ますように![/baloon-line-right]

[ad#dt-3]