うちの子は発達障害!診断をされてから変化した3つのこと

発達支援
パパ
パパ

発達障害の息子を療育中!
ちゃちゃパパです。

子育てをしていると、うちの子の成長って平均的なのかな?って不安になりますよね。かといって、病院に連れて行くのも怖いし…。

うちの子は1歳の頃から、目が合わないなどの違和感があり、6歳の時に発達障害の診断を受けました。

でも、病院に連れて行ったことで、良かったと思えることがたくさんありました。

スポンサーリンク

うちの子の診断名は?

発達障害の診察は、発達外来をやっている病院または、クリニックで受けられます。

うちの場合、初診予約は1ヵ月待ち。1時間ほどの診察で、その日に診断を受けました。

主治医
医師

自閉症スペクトラムと
ADHDですね。

パパ

まぁ、そうですよね…。

うん、バッチリ予想通りでした。

診断されて変わったこと

あまり驚きませんでしたが、医師から診断を頂いたことで、生活に大きな変化がありました。

療育の方針が決まる

日本の法律上、両親だろうが、児童デイサービスの指導員だろうが、勝手に診断をすることはできません。

だから療育も「多分そうだろう」という部分がいつまでも残り、予測の範疇で進めていくしかありませんでした。

しかし、診断が付いたことで、療育の優先順位に迷いが消えました。

【我が家の療育方針】

 ADHD ⇒ 薬物療法で症状を抑える

 自閉症スペクトラム ⇒ 療育で対応する

混在する発達障害を、それぞれ線引きすることで、療育の目標が明確になったんですね。

薬物療法が可能になる

診断を受けてから数ヵ月後に、ADHDに対する薬物療法を開始しました。

当然、何回も主治医と相談しました。

怖いとか、不安もありますが、どうしても療育で対応できない部分を、少しだけ補えると思うと気が楽になりますね。

パパ
パパ

薬物療法のデメリットや効果は、
別の記事でまとめています。

関連記事 アトモキセチンの効果を実感!子供が変化してきたんだけど

関連記事 アトモキセチンを飲んで1ヵ月!うちの子に出た副作用は?

学校との連携が強くなる

診断を受けたことを、学校に伝えたところ、担任の先生の対応が変化しました。

 こんな時はどうすればいいですか?

先生の方から、子供の特性について相談されることも増え、連携が強固になりました。

やはり診断が付くと、学校からの対応も個別性が強くなるんですね。

パパ
パパ

担任の先生が良い人で
助かりました!

診断を受けるデメリット

うちの子が発達障害の診断を受けていることは、ごく身内にしか伝えていません。

特に、学校の同級生やママ友には、絶対に言わない方が良いでしょう。

パパ
パパ

信頼して話をしたのに、
言いふらされた人もいます。

診断名が付くことで、周囲の人間の見る目が変わるかもしれませんね。

そして人によっては、 診断を受け止め切れず、落ち込んでしまうケースもあるでしょう。

医師からの告知が、決定打になるかも?

でも、子供にとってはメリットが大きいので、どうか受け止める努力をしてみて下さい。

おわりに

発達障害は明確な基準がないので、ずっと心のモヤモヤが続いてしまうんですよね。

診断を受けるメリット・デメリットは、個人差が大きいと思いますが、我が家の場合は大成功だと感じてます。

あとは、療育を頑張るだけかな?

パパ
パパ

 Let’s 療育!