たった1本のヒモで落下防止!子供が手袋をなくすのを防ぐ方法

生活に役立つ
ちゃちゃパパ
パパ

こんにちは、ちゃちゃパパです。

子供って、手袋をすぐ失くします。

せっかく高いものを買っても、気づいたら片っぽが無い!なんてことになると、かなりショッキングですよね。

そこで今日は、たった1本のヒモで落下防止ができる、子供が手袋をなくすのを防ぐ方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

手袋にヒモを付けよう

まず余ったヒモを用意します。

長さの目安は、子供が目一杯に両手を広げた幅ですが、後で微調整できるので大体でOKです。

次に、ヒモを糸で縫い付けます。手袋にリングが付いていれば、そのまま固く結んで下さい。

左右の袖に通していく

次に、左右の袖口から手袋が出るよう、順番に通していきましょう。

少し余裕があると装着が楽になります。

このまま上着を着ると、ヒモは背中の後ろを通るので、特に邪魔にはなりません。

たったこれだけで、手袋を忘れたり、落下してしまうのが防げますね。

長さの微調整

首にループがあれば、その部分にヒモを通しておくと、捻じれるのを防げます。

また、結び目を大きさを変えることで、ヒモの長さを微調整することができます。

ちゃちゃパパ
パパ

これなら脱着も簡単で、

失くす心配もなし!

スキーグローブも付けておこう

我が家では、スキーグローブにも、がっつりとヒモを装着させています。

休憩中に外したら、そのままゲストハウスに忘れた!なんてミスも予防できますね。

ちゃちゃパパ
パパ

普通の手袋よりも高級なので

失くさないための予防を!