子供のスキーが傷だらけ!お金を掛けずに裏面を補修してみた

生活に役立つ
ちゃちゃパパ
パパ

こんにちは、
ちゃちゃパパです。

家族でスキーに行くと、全てのメンテナンスは、父親の役目になってしまいますよね。

普段ならワックスを掛ける程度で済むのですが、今回はスキーの裏面であるソール部分の補修に挑戦してみました。

ただし、お金と手間を最小限に抑えた手抜き補修です。神経質な方は、ショップでチューンナップをするのをおすすめします。

では、作業内容を紹介していきます。

スポンサーリンク

子供のスキーが傷だらけに

今年の北海道は、雪があまりにも少ないため、スキー場のオープンが遅れています。

無理やり営業しているスキー場は、石ころや枝がむき出し状態で最悪のコンディションです。

気を付けて滑っていたのですが、終了後に確認してみると、全員のスキー板がボロボロに…。

スキーショップにチューンナップを頼めば、1台につき4千円ほどかかります。

体重が軽い子供の板はダメージが少なかったので、何とか自分で直そうと思います。

お金を掛けない裏面の補修

ハッキリ言って手抜き作業です。

低コストで短時間を目標にしていますので、あまり期待しないようお願いします。

作業準備を整える

まずは作業の準備からです。今回は、2つ重ねたコンテナ型のカゴを作業台としました。

ビンディングに付いているブレーキが邪魔なので、ブーツを装着してからひっくり返すことで、作業がしやすい環境が整います。

もしも、ブーツが邪魔になる環境であれば、輪ゴムを使ってブレーキを固定することもできます。

ちゃちゃパパ
パパ

それでは、作業を開始していきましょう!

裏面のやすり掛け

まずは、ボロボロになった裏面を整えるため、紙やすりで削っていきましょう。

ここでのコツは、スチール缶です。

硬いスチール缶に紙やすりを巻き付けると、この後の作業が各段に捗りますよ!

そのまま、スキー板の長軸にそって、ガシガシとやすりがけが可能になるんですね。

大工さんのカンナ掛けの要領で、スチール缶に巻き付いた紙やすりで面を削っていきます。

手で直接やるのは絶対にダメです!

エッジの丸まりや、ソール面の凸凹の原因になりますので、必ずスチール缶を使いましょう。

また、紙やすりの粗さは色々と用意していたのですが、メチャメチャ粗い#60が使いやすかったです。

というか、それくらい粗くないと、硬いソール面はびくともしないんですよね。

とにかく、ガシガシ削っていきます!

エッジも一緒に削るため、鉄粉が出てきます。ゴーグルや眼鏡を装着し、目に入らないよう注意して下さいね。

スポンサーリンク

リムーバーで汚れを落とす

傷が目立たなくなってきたら、ここで一旦、リムーバーを使って掃除していきます。

スプレーを掛けて5分くらい放置、

タオルや雑巾を使って、古いワックスや削りカスをしっかりとふき取ります。

ちゃちゃパパ
パパ

手を怪我しないよう、軍手を装着しましょう!

ベースワックスで下地を作る

続いては、スポーツ用品店で購入した、固形タイプのベースワックスを塗っていきます。

800円くらいで買えます。

本来であれば、専用アイロンで溶かし、ソール面全体に塗布したいのですが、そこまでの手間を掛ける気力もありません。

ここは、直接こすりつける[生塗り]でOK!

塗り終わったら、スクレーパーで余分なベースワックスを削っていきます。

ただし、専用のスクレーパーは800円くらいするので、ここは息子の定規で代用w

定規を少し立てて、一気に削っていきます。

その後は、溝に溜まった削りカスを、ブラッシングで除去していきましょう。

専用のブラシも高いので、100均で買ってきた、靴用の豚毛ブラシを使用します。

これが中々のクオリティで、専用のブラシと大差なく使用できます。

しっかりとブラッシングをして、余計なワックスを取りながら磨いていきましょう。

ちゃちゃパパ
パパ

これで、下地が完成!

簡易ワックスを塗る

この後は、ワックスを塗っていきますが、スプレータイプの簡易ワックスで済ませます。

本来であれば、滑走ワックスも固形のものが望ましいのですが、そこまでしたくありません。

ワックスが乾いたら、コルクで擦りましょう。

専用のコルクは600円くらいするので、ここでは100均で購入した、コルク製のコースターで代用してみました。

このコルク掛けは、ワックスを滑走面に慣らせる目的があるので、結構重要な項目です。

しかし、さすが安物!

すぐにボロッぼろに…。

う~ん、コルクだけは、ちゃんとしたものを買ったほうが良いかもしれませんね。

そして、またブラッシングします。

余計なワックスを掻き出し、磨きを掛けるために、しっかりとこすりましょう。

ソール面が、ピカピカになれば完成です。

ちゃちゃパパ
パパ

お疲れ様でした!

最終チェック

う~ん、粗目のやすり掛けにより、余計ヒドくなっていないか心配でした。

家の駐車場で、ボーリングのようにスキー板を投げてみました。

うん、かなり良い滑り具合!

あとは、実際に滑ってみて、エッジの効き具合を確かめるだけですね。

スキー場で使ってみて

私と奥さんの分の板もメンテナンスしたので、実際にスキー場で使ってみました。

使ってみた感想

 ① ワックスの効き → めっちゃ滑る

 ② 直線での引っ掛かり感 → なし

 ③ エッジの効き → 全く問題なし

うん、家族スキーのレベルであれば、十分な補修具合だったんじゃないでしょうか。

子供のスキー板も、特に問題は無さそうです。

しっかり削り、しっかり拭く。ベースワックスで下地を作って、その上にワックスを塗る!

1台につき1時間くらい掛かりましたが、これで4千円が浮くのであればお得ですよね。

皆さんも、バイト感覚で補修にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちゃちゃパパ
パパ

それでは、スキーの補修が上手にいきますように!

関連記事 折れ曲がったスキーのストックをドライヤーで直してみた!