折れ曲がったスキーのストックをドライヤーで直してみた!

生活に役立つ
ちゃちゃパパ
パパ

こんにちは、
ちゃちゃパパです。

スキーから帰ってくると、子供のストックが折れ曲がっているのに気が付きました。

アルミ製の安物なので、力づくで戻そうとすると、ポキッと折れるリスクが高いです。

かと言って、新しいのを買うのも…。

ということで、折れ曲がった部分を修理してみました。折れてしまったら買い替えるつもりで、とりあえずチャレンジしてみます!

スポンサーリンク

曲がった部分を温める

折れ曲がった頂点から、前後15cmくらいの部分にドライヤーを近づけ、患部を中心にまんべんなく温めていきます。

一カ所に当て続けると、塗装が焦げてしまうので、少しずつドライヤーを動かします。

時間は大体1~2分ですね。温めた部分が、素手で触れないくらいに温めました。

力を加えていく

素手では触れないので、軍手を着用。

折れ曲がった方向とは、逆に力を掛けていきますが、腕の力ではなく体重を掛けるのがコツです。

慌てず、ゆっくりと力を入れて…、

ストックが冷えてきたら、

追いドライヤーで熱を加えます!もう面倒なので、直接くっつけて温めております。

この工程を繰り返しますが、

戻り過ぎていないか、歪みを確認します。

完全な直線には戻りません、ある程度の妥協が必要です。ということで、今回はこれくらいで勘弁してやるわ!

スポンサーリンク

ドライヤーで直してみて

微妙に曲がっていますが、あまり欲張ってポキっとなるよりはマシです。

今回は、折れた部分が先っぽに近いため、アルミが固くて大変でした。

中央に近い部分だと、体重が掛けやすいので、もっと簡単に作業できたと思います。

また、ドライヤーの熱と力づくで戻したことにより、ストックの素材であるアルミには、相当なストレスが掛かってます。

スキー場で使ってみたら、簡単にポキンッ!と折れる可能性だってあります。

神経質な方の場合、小細工せずに新しいものを買う方が良いと思います。

スキーのレベルや行く頻度によって、自分で判断して下さい。

ちゃちゃパパ
パパ

それでは、折れ曲がったストックが真っすぐになりますように!

関連記事 子供のスキーが傷だらけ!お金を掛けずに裏面を補修してみた