ADHDの子は声がうるさい!声量は絵カードで訓練しよう

発達支援
パパ
パパ

発達障害の息子を療育中!
ちゃちゃパパです。

ADHDのうちの子は、公共の場で声の大きさが調整できません。

特に伝えたいことがあると、爆発的な声量と、高いキーでまくし立ててきます。

そんな時は、絵カードを使ってトレーニング!視覚から情報を入れて、声の大きさが調整できるよう訓練しましょう。

スポンサーリンク

なぜ声が大きくなるの?

ADHDの子が、大きい声になる原因は、きっとこの2つじゃないかと思います。

頭の中がうるさい

ADHDの人は、いつも頭の中が忙しくて、常にゴチャゴチャしているそうです。

ヘッドホンで音楽を聴いている状態で、自分の声の大きさが分からないため、大きな声になっているのかも?

焦って早く伝えようとする

ADHDの子は空気が読まずに、人の会話にも普通に入ってきます。

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

ねぇ、問題を出すから
これを解いてみて!

パパ
パパ

いや、ママとお話してる
から後にしてよ…。

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

え~、なんでよ。
問題解いてよ!

といったように、相手が話を聞く状況じゃない時に、話かけてしまうことが多いです。

普段から話し掛けても、相手にされないことが多いので、相手の注意を引こうと、大きな声になっているのかも?

スポンサーリンク

絵カードで声量を訓練

うちの子は、耳からの情報はスルーしてしまうため、言い聞かせるのは困難です。

 耳がダメなら目でどうだ!

ということで、声がうるさいという情報を、視覚から入力するようにしました。

まずは数値を決定する

うちの子は数字が好きなので、声のボリュームを、5段階にすることから始めました。

数値 数値の目安
叫ぶ、かなりうるさい
少し迷惑になる大きさ
家の外での会話
おうちの中での会話
内緒話、ひそひそ声

基準は適当なので、小さい子であれば、3段階の方が良いかもしれません。

絵カードで可視化する

手書きでも構いませんので、このような絵カードを作って下さい。

スマホで「絵カード」を検索すれば、色々と出てくると思います。

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

ねぇ、なんでこんなに
待たないとダメなの?

パパ
パパ

今の声の大きさは4だったよ!
ここでは2にして欲しいな。

絵カードを使って、このように説明すると、

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

なんでここで待つの?

といった感じで、事を荒立てることなく、穏やかに解決することができました。

もしも、

パパ
パパ

うるさいから、
大きな声を出すな!

と大きい声で叱ってしまえば、

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

だから、なんでここで
待つのか教えて!

と、さらに大きい声での応酬になってしまい、何も解決しないんですよね。

だから、最初は絵カードを使って、環境に合わせた声量で、話すことに慣れさせましょう。

自分でフィードバックさせる

ADHDの子は、すぐに出来事を忘れてしまうので、「さっきのはダメだよ!」と言っても、きっと通用しないと思います。

だから、すぐにフィードバックさせましょう。

パパ
パパ

はい、ちゃちゃ君!今の
ボリュームはいくつ?

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

えっと、4だったかも…。

本人に声のボリュームを評価させ、自分で修正させる訓練もして下さい。

そして、もし調整できた時は、大袈裟に褒めてあげましょう。

パパ
パパ

今、人がいたから「2」で
話したんだね、偉かったよ。

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

うん、僕ちゃんと出来た。

このように、視覚情報できっかけを作れば、周囲の環境に合わせた、声の大きさを選択できるようになるはずです。

おわりに

いくら気を付けていても、ついうっかり大きな声が出ちゃうことだってあります。

当然、別のシチュエーションでは、全く上手く行かないこともあります。

でも、このトレーニングを続けたことで、その場に合った声の大きさを、理解するようになってきました。

でも、たまに挫折するけどね…。

関連記事 ADHDの子は話を聞くのが苦手?声を届かせるための工夫とは

関連記事 発達障害の子供は褒めて自己肯定感を高めてあげよう!