ADHDに効く3種類の薬!うちの子はどれを選ぶのか?

薬物療法
パパ
パパ

発達障害の息子を療育中!
ちゃちゃパパです。

発達障害の対処方法は、療育が第一選択となりますが、薬物療法も有効な場合があります。

うちの子は、ADHDの診断を受けており、もう既に薬物療法を開始しています。

ということで今日は、薬物療法を検討している方に、ADHDのお薬について、体験談を交えながら説明しようと思います。

スポンサーリンク

薬物療法について

ADHDの子に、薬物療法を始めようと考えているのであれば、完治、根治、全治をイメージしてはいけません。

ADHDの症状(注意欠陥・衝動的など)を抑制して、通常の成長速度に近づけましょう!というレベルの話です。

よって、過度の期待は禁物です!

ADHDに効果的な薬

現時点で、ADHDに効果を示す薬は、全部で3種類存在しています。

コンサータ

ADHDは、脳の情報をやりとりする、神経伝達物質の異常が関係しているようです。

そして、上手に伝えられなかった神経伝達物質は、すぐに酵素が溶かしてしまいます。

コンサータの役割は、神経伝達物質を溶けにくするため、もう1回、2回と、神経が情報交換するチャンスが生まれます。

【この薬の特徴】
✅ 服用したその日から効果が出現

✅ 効果の持続は半日(朝に服用)

✅ 必要のない時は飲まなくてよい

朝、服用すれば学校にいる時間は、薬のアシストを受けられます。しかし、夕方にはその効果が無くなってしまうんですよね。

でも、日曜や夏休みといった、特に効果を期待しない日は、服用する必要がないので、毎日飲む必要がないというメリットもあります。

パパ
パパ

すぐ効くが、すぐ切れる!
これがコンサータとの特徴。

ストラテラ

ストラテラという薬は、神経伝達物質の量を増やす効果があります。

要するに、神経の伝達が下手なら、たくさん数撃てば当たるでしょ?って感じです。

【この薬の特徴】
✅ 効果が出るまで時間が掛かる

✅ 服用は毎日2回必要

✅ 効果は24時間持続する

効果が出るのは、1~2ヵ月後といわれてますので、効き始めるまで時間が掛かります。

でも、一度効果が出始めれば、24時間効果が出るため安心できますね。

パパ
パパ

ゆっくり効いて、長く効く!
ってイメージですね。

スポンサーリンク

インチュニブ

この薬は、上手に伝わった神経伝達物質を、大事に使え!という指令を出します。

普通、神経伝達物質を受け取ると、「ちょっと多いから捨てとくか」という、微調整を自動でしてくれます。

しかし、捨てないで余すことなく使え!と指令を出すので、少ない神経伝達物質でも、効率良く情報がやりとりできます。

パパ
パパ

薬の作用が少し違うだけで、
特徴はストラテラと一緒です。

うちの子が選んだ薬は?

主治医から「じっくり考えなさい」と言われましたので、家族で話し合いをしました。

その結果、ストラテラに決定しました。

といっても、ストラテラのジェネリックで、アトモキセチンというお薬なんですけどね。

 この薬を選んだ理由は、3つあります。

薬の効果が継続する

まず、夕方に効果が切れるコンサータは、自宅での宿題や勉強に効果がないので、まず最初に除外しました。

飲んだその日から、効果が出るのは魅力でしたが、夕方に薬が切れるのはちょっと…。

安価で導入しやすい

実は、先ほどの3つの薬はとても高価、

主治医
主治医

高額療養費制度が必要なほど
薬価が高いんだよね…。

という説明を受けていました。

でも唯一、ストラテラだけにジェネリックがあり、かなり費用が抑えられるそうです。

お陰様で30日分の処方で、3千円程度の出費で抑えられています。

パパ
パパ

長期間続ける薬だから
費用も大事ですね。

関連記事 アトモキセチンは1日いくらかかる?気になる費用を公開

子供の意思を尊重した

実は主治医から、もう1つ重要なアドバイスを頂いておりました。

主治医
主治医

薬の決定には、必ず本人の
意見も参考にしましょう。

親の都合で一方的に決定すると、子供も不審に思ってしまい、導入が上手くいかないことがあるそうです。

病院で頂いたコンサータ、ストラテラ、インチュニブ、アトモキセチンの4つの冊子を、本人に渡しました。

当然、難しい部分は理解できませんが、文章を読むのが好きなので、1時間くらい熟読していましたね。

パパ
パパ

ちゃちゃ君、どれがいい?

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

アトモキセチンがいい!

パパ
パパ

え、なんで?

ちゃちゃ君
ちゃちゃ君

一番、安いからだよ!

実はこの時、うちの子はエコブームで、家の電気は消す、水道は止める!を、必要以上に徹底してる時期だったんです。

正直、値段が安くて大丈夫?って気もしましたが、本人が納得するのが一番です。

この一連の流れを主治医に伝え、無事、薬物療法が開始になりましたとさ!

主治医
主治医

分かりました、それでは
薬物療法を開始しましょう。

おわりに

ADHDのお薬について、説明をしてみました。

家族の事情、本人の症状、様々な背景によって、どの薬を選択するかは変わってきます。

でもやっぱり、本人、親、主治医、この3つの意思が合致したものが、1番良い効果を出すのではないかと思います。

ようやく始まった薬物療法。

パパ
パパ

やっぱり期待しちゃうよね!